2011年02月21日放送分 空脳アワー - 深夜の馬鹿力データベース

2011年02月21日放送分 空脳アワー


夢の中で夢と気付くことが多い。確かめて遊んでいる。友人の家で、疲れていて寝た。気付くと、廃墟のようなところで話していた。これは夢だと思った。目を覚ますと、友人の家。やはり夢だったと思っていると、朝になっていた。朝まで寝てしまったと後悔しながらも、また寝た。今度起きると、外はまだ暗い。DSをやっていた友人に確認すると、まだその日の夜だという。夢の中で夢を見た話をして、ほほをつねって痛みを確認し、また寝た。再度、さっき話した夢の話をしたら、友人はきょとんとしており、そんな話はしていないという。彼はDSなど持っていない。痛みまで確認したのに、どこまで夢だったのか。パニックになり、ずっと夢の中にいるのではないかと恐怖した。
(ちまっきさん)

電車のドアに貼ってある手をはさまないように注意のイラストを見ると、違和感を覚える。手に×をかいてあるのはよく見るが、そのイラストは、カニのはさみに包帯が巻いてあり、痛い表情をしている。カニがドアを表してるはずなのに、なぜカニのハサミ?イメージの伝言ゲームで入れ替わっている感じが気持ち悪い。決めるときに、はさむイコールかにというイメージから、少しずつずれていったと推測・・。
(ふぁんくざ生卵さん)

子供の頃野球をやっていた。家の前で素振りをしていたら、頭のてっぺんのはげた50歳くらいのじじいが、自転車で、ナイススィングと言いながら通っていった。びっくりしたが、褒められたのでよし。数分後、同じじじいが、ナイススィングと言いながら通り過ぎた。また数分後に同じように通っていった。気にせずにいた。数分後、同じじじいが、何かを言って通り過ぎた。それが何度か続いた。怖くなり家に帰った。そのじじいのことは、今でも鮮明に覚えている。
(からみづらい鼻の下さん)

小学生の頃、友達と電車で遊びに行った。帰りの駅は地下にあったが、どこからかセミの鳴き声が聞こえた。1人のおじさんのお腹から聞こえる。ランニングに短パン、手ぶら。セミを隠しているように見えない。聞くと、生きたセミを丸ごと飲んだという。その行為に恐怖を覚え、何もたずねずに帰った。それ以外、説明がつかない。
(えすたろうさん)

小学生の頃、にやにやおじさんが出没する噂があった。にやにやして自転車に乗ったおじさん。絶対自転車に乗っている。静止しているところを見たことがない、いつも同じ表情。何度か見かけたが、確かに不気味。友人と下校していると、にやにやおじさんだと。僕の知っているにやにやおじさんではなかった。あれがそうだと言われた。それから、僕のにやにやおじさんは見かけなくなった。本家はよく見た。その後、本家も見なくなった。2人のおじさんはどこに行った?
(昔もよくなかったさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/133-98375ef7