2009年03月16日放送分 早熟おじいちゃん - 深夜の馬鹿力データベース

2009年03月16日放送分 早熟おじいちゃん

ネオジオを小6のころに知った。スト2全盛期でゲームセンターに通っていた。
ネオジオはゲームセンターにある基盤がそのまま入るから、当時高性能だったサターンですら、なめらかさや画質が落ちるのが当たり前だったのに、同じものができるのはすごいってことになっていた。
58000円がハードの値段で、最後に出たソフトの値段が42000円。1年に1本だけは買い続けていた。
PSやサターンでもいいクオリティのまま移植されるようになったが、キャラごとに読み込みの時間があったりした。
自分の中でネオジオが終焉を告げたのは、サムライスピリッツ零スペシャルが出たときに、事件の影響で残酷シーンが黙ってカットされ、これじゃネオジオの1番のよさが・・・となったのがきっかけ。
(ハンバーグさん)

今はネットですぐにエロ解禁、満喫でもエロ見放題です。
しかし自分が中学の頃でさえ、最大のエロはビデオ。しかもめったに手に入る代物ではなく、近所にエロビデオの入った自販機ができたと友達と買いに行き、立ち止まったら恥ずかしいし店の人に怒られるかもしれない。おまわりさんに捕まるかもしれない。
ということで、1人が歩きながらお金を入れて通過、1人がボタンを押して通過、最後の1人が回収というエロジェットストリームアタックをしていました。
兄貴がエロビデオを持っている人が現れ、留守を狙って鑑賞会をしていました。
おじいちゃんの時代だとビデオはないし、未成年でエロにたどり着くのはもっと険しい道だったんですよね?
そんなとき、どう調達していたんですか?また、その時代の最大にエロって何だったんですか?
(ニトログリセリンさん)

おじいちゃんの口、うんこ臭い。
テレビやエアコンにリモコンがなかったとか、鶴ちゃんがおでんを顔にくらう、今で言う竜ちゃんギャグをやっていたと言いますが、初めて使ったリモコンって何ですか?
(ごんたくれ08さん)

アクションカメラという、盗撮やナンパ術を紹介する雑誌が創刊され、股間を楽しませてくれた。
深夜に同名のテレビ番組が始まったが、盗撮テクニックや投稿されたパンチラを放送していた。
今では一発でお縄頂戴。
(たくみさん)

深夜テレビで普通に女の子の裸が見られた。CSとかではなく、普通のテレビ朝日とかで。
山本晋也カントクは、イメクラ実演や、AV撮影現場に潜入したり、ソープですけべいすの使い方を紹介したり。そんな番組を全国ネットでタダでみられた。
(どさんこさん)

モザイク技術はなく、エッチな映画にはでっかく黒い帯が出てきて隠していた。
(オコジョごっこさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/138-acebe880