FC2ブログ

1996年12月16日放送分 電波ニュース - 深夜の馬鹿力データベース

1996年12月16日放送分 電波ニュース

今日未明、東京都アン・ルイス市のマンション「メゾン・ド・平賀源内」の地下駐車場で、独身貴族の変死体が発見されました。
調べによりますと、通常では考えられない量の「たけのこの里」が現場から発見されたことから、この変死体の身元は近所に住む、国際パイ揉み財団・影の総司令、桜井そばゲロさん(二歳三ヶ月)であることが判明しました。また、変死体発見からおよそ三時間後のつい今しがた、桜井さんは何事もなかったように起きあがり、おのれの性器をもてあそびながら帰宅してしまったことから、警察では桜井さんの立場を「変死体」から「名誉変死体」に切り替え、とりあえず第一発見者の男性を犯人ということにして逮捕し、何故か男性も全面自供したため異例のスピード解決となりました。
尚、この一連の騒動の目撃者は全員知らない街へと旅立ったそうです。気球で。
(読み手:鈴木順アナ)

「毎日スプーン三杯飲むだけでSMAPに逢える!」などの宣伝文句でニセ健康食品を売りつけ、およそ二億人から四十円を騙し取っていた、自称カンガルー・浅田飴うなじに小さじ一杯(40歳)が逮捕されました。
このニセ健康食品、利用者から「実際には逢えない」「酸っぱすぎる」「幕末塾には逢えた」などの苦情が寄せられており、成分を調査したところ中身はただの「ごはんですよ!」であることが判明、今回の逮捕と相成ったわけですが、警察の取り調べに対し浅田飴は「僕は実際にSMAPの石倉三郎さんに逢えたので詐欺ではない!」と答えており、警察では現在石倉三郎氏に任意で「SMAPにいた記憶があるか」など裏づけ捜査を続けています。
(読み手:鈴木順アナ)

昨日、栃木県のフロリダ沖で行われた、森進一の真似ワールドカップアジア予選で、日本は強豪・御馳走はハムカツ合衆国相手に、おばあちゃんのぽたぽた焼き対大島渚で快勝。来年、サケの産卵場で行われるワールドカップ出場を果たしました。
この試合、前半はハムカツペースでの展開でしたが後半二十分、ハムカツのエース・黒髪なのに背毛パープルが、名札の裏に十円玉を入れ忘れて帰国。それを皮切りに「おやつを三百円以上買った」「テレビゲームを一日に三時間やった」「鶴ちゃんのように豆腐が食べられなかった」などの理由で主力選手が次々と帰国。その間に日本は「おふくろさん」「じゃがいもの会」などの得点を挙げ、今回の圧勝となりました。
この勝利に対して全日本のタモリ監督は、「試合前夜、相手チームにトンカツを食べさせてやったところ、かなりのカルチャーショックを受けていたようだ」と話しています。
(読み手:鈴木順アナ)

毎年プロ野球セパ十二球団の中で、最も渡辺美奈代な選手に贈られる「美奈代賞」がカネボウフォービューティフルヒューマンライフスの外野手兼石油ストーブの錦鯉麩ーパク選手に贈られました。
麩ーパク選手はトレードマークのボロボロのサンバイザーと、十七人の大家族総出で守る外野守備が評価され、今シーズンは打率2厘、ホームラン0本、横チン十二回の成績を残すなどファンの怒号の的で、表彰式の際コミッショナーから副賞として贈られたヒビ割れたお餅のうえに裸で寝かされるなど、ベーブ・ルース級の扱いに泣きながらガムを伸ばしたり啜ったりしていました。
(読み手:鈴木順アナ)

本年度、巷を賑わしたような気がしてならない言葉の一位を決める、「96年妄想流行語大賞」が今日夕方、ワシの頭のなかで決定したんじゃ。
大賞は、95年の「砂漠で蒸パン食う気持ち」に続いて「変わったカブトにたかられて、月火木の二時過ぎにくず餅置き場に現れる、粉末地蔵の湯葉巻き京都風」に決定しました。
この言葉を常に朝な夕なフルに使い続けた姫路城に住む、工藤プレオリンピックさんは、柿本人麻呂委員長より表彰状と、記念のソフトクリームを渡され、喜んでいいやら旅立っていいやらの表情で集まった女王蜂にたかられていました。
プレオリンピックさんは三年前にも「お餅食べたい」で、五年前には「ちょっとだけよ。アンタも『スベルト』耳たぶに塗ってさよなら福耳って気持ち」と過去二回大賞を受賞しており、「二度あることは三度ある」と当たり前のコメントを垂れ流し、俺に棒で殴られていたとさ。
(読み手:鈴木順アナ)

北九州のやや南よりの地方に、一年の終わりを告げる「乳輪ハチミツ」が楽日を迎え、本会場となったホワイトハウスで七兆人の観光客をロマンチックが止まらない状態まで追いつめました。
乳輪ハチミツも佳境に入った午前五時、長老の焼き竹輪ヌンチャクが肩甲骨に当たる音を合図に一斉に弱ったムササビが空を包み、村は地図から姿を消しました。
参加団体のひとつ、TRFのリーダー・千手観音尻乱れ拭きさんは、「生まれ故郷が忽然と姿を消したのは少し悲しかったけれど、汚いとはいえジッポーを拾ったのでプラマイゼロ」と清々しい顔でカーニバルを満喫していました。
(読み手:鈴木順アナ)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/1524-67809e33