2011年11月07日放送分 顔コレクション・十面鬼 - 深夜の馬鹿力データベース

2011年11月07日放送分 顔コレクション・十面鬼

バイトの面接まで時間があるので、適当に買った推理小説を読み始めた。殺人事件が起こったが犯人がわからない完全なる密室殺人。容疑者は全員被害者にうらみがある。全員にアリバ

イがある。なぜだ。いったい犯人は誰なんだと思いながらぐいぐい読み進めたら、最終的にそのトリックの種明かしが全て超能力を使ったからと言う理由だったときの俺の顔。そしてと

っくに面接の時間を過ぎていたときの俺の顔
(ラッパーザキバチョフさん)

旅行中、財布に入れっぱなしになっていたガス料金の振り込み票に気づき、通りすがったコンビニで支払っている
ときの顔
(どんぐりさん)

道端で財布を拾った。中を見るとなんと万札が10枚。あたりを見回し、誰にも見られていないことがわかると、突如頭上に天使と悪魔が現れる。「もうけもうけ、景気いいじゃねえか

よ。ハローワークなんて行かずパチンコいこうや。このあいだの負け分を取り返そうぜ」と悪魔。それに対し天使が「ダメだよパチンコなんて。その前に父親への借金を返すことを優先

すべきだよ」といってきたときの俺の顔
(藤井菊一郎さん)

「好きです先輩、私と付き合ってください」ある日突然、見知らぬ美少女から告白された。どうして自分が?万年童貞の自分に?モテキ?そんなはずがない。罰ゲームか。いろんな想像

が頭をかけめぐる。しかし、彼女の真剣なまなざしはとても嘘をついているように見えない。喜んで付き合おうか。いや。付き合ったとして、自分は彼女を幸せにできるだろうか。もし

自分が女として、自分と付き合いたいと思うか。いや無理だ。こんな自分と付き合うなら女神並みの精神力が必要だ。いろいろと考えた結果、口から出た言葉は「俺みたいなのと付き合

うなら、臨床心理士の資格ぐらいとってくるんだな」それから数年経ったある日、相変わらずもてない日々を送っていた俺は、白衣を着た彼女と再会した。立派な臨床心理士として働い

ているという。「先輩、あのときはありがとうございました。心理学を一生懸命勉強してわかりました。私が先輩に告白したのも幼児期のトラウマが原因で神経に異常が起きた結果で、

いわゆる一時の気の迷いだったとわかりました。今では完全になかったことにして、楽しく生きてます」と報告されたときの俺の顔
(牧場さん)

真っ昼間のラジオ番組にて、人妻からの性生活の悩み相談に対して「でも性欲って人間の欲求の中でも一番素直な部分だから、素直になっていいと思う」とエロをおしゃれで煮染めたト

ークをする小島慶子さんの対面に座る水道橋博士の顔
(口癖はソイソースさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/1957-349282cb