FC2ブログ

2011年09月12日放送分 顔コレクション・十面鬼 - 深夜の馬鹿力データベース

2011年09月12日放送分 顔コレクション・十面鬼

「娘さんにひどいあだ名を付けてしまい、本当に申し訳ありませんでした」玄関先で村井さんのお母さんに土下座して謝ると「あらあら、まさお君、そんなことまでしなくてもいいわよ、ほらほら顔を上げて。まさお君のお母さんも顔を上げてください。子供通しでふざけあっていったことでしょ、そんなに気にしなくていいのよ」といいながら許してくれた。ほっと胸をなで下ろしたのもつかの間、その話の流れでついつい村井さんに付けたあだ名をぽろっともらしてしまう。しかも、そのあだ名というのが、「玄武岩ババアの娘」という、どちらかというと母親メインのやつだったときの村井さんのお母さんの顔
(藤井菊一郎さん)

昼間、ソファーに横になりながらテレビのチャンネルをザッピングしていたら、地元が写っていたので何気なく見てみると、地元で小料理屋をやっている家族のドキュメントだった。始めは何となく見ていた私でしたが、段々とその家族に感情移入していき、中盤ではかなり本気で見ていました。終盤にその家族の父親が急に病気で亡くなってしまったときは、目頭もじーんと熱くなっていました。昼間から泣いちゃったじゃねえかとちょっと照れくさく思っていたら、突然その家族全員が青汁を飲み始めたときの私の顔
(あむだうさん)

ホームルームの時間に合唱コンクールの自由曲を決める話し合いが行われる。「リクエストのある人は挙手をお願いします」と委員長。手を上げたのは見るからに不良っぽいS君。「あのさ、思い出だから尾崎豊の卒業がいいと思うけど、どう?」という。卒業はねえだろと思った瞬間、「でも歌詞で、夜の校舎窓ガラス壊して回ったのところはダメだと思うんで、そこはさ、みんなでいい歌詞考えようよ」といったときの俺の顔
(オレンジさん)

ゴリラの知能を測るためにいつもの部屋をあえて汚くした。いったいどんな片付け方をするのかと期待していたら、どこからかケータイを持って来て、ダスキンを呼んだときの研究者の顔
(ラッパーザキバチョフさん)

無数の攻撃を受けて満身創痍の自分に対して、敵の幹部が「フッフッフ、あとは死を待つのみだな。冥土の土産に教えてやろう」といって教えてくれたのが、おいしいナスの浅漬けの作り方だったときの俺の顔
(藤井菊一郎さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/1980-d27819b2