2009年08月17日放送分 空脳アワー - 深夜の馬鹿力データベース

2009年08月17日放送分 空脳アワー

たまにテレビにケロンパがでると、子供の頃ロンパールームに出演したことを思い出す。何度もはがきを出して当選したときは母親と喜んだ。
テレビ局に行き、生放送と聞かされ、緊張した。おゆうぎの練習を必死にやり、母親を探すと、出演に関して保護者のいる場所や、子供をトイレに行かせるなどの注意を受けていた。
いよいよ本番。必死にがんばり、おゆうぎは完璧だったが歌は声が出なかった。母親は心配そうに見ている。途中、1人がぐずって泣き出したが、スタッフがうまく画面外に連れ出した。
ケロンパが記念品だと白い箱のお土産をくれ、お礼を言って帰った。しかし、ロンパールームに出たことはない。母親に聞いても、そんなことあるわけがないと当然の回答をされた。この記憶はどこからきた?空脳?ケロンパは優しかった。
(あるとまんさん)

押し入れからスーパーファミコンとドラクエが出てきたのでプレイしてみた。主人公の名前は自分で他は友達だったが、1人だけ「みみすて」というキャラが。たしか名字が5文字のやつがいて、あだ名で入れたと思い出したが、なぜそんなあだ名なのか思い出せない。
耳を捨てたんだなと思っても、なぜかその先を思い出してはいけない気がして思い出せない。
(どぶあざらしさん)

小学生の頃、修学旅行の写真を友達と見ていたら、終わりの方に知らないおじさんがうつっていた。
なぜだかわからないが、そのおじさんにまさると名前をつけて笑っていた。
その日の夜、1人で見ていたら急に怖くなった。10年以上前のことだが、小学生の頃を思い出そうとすると、まずそのおじさんを思い出す。嫌な感じがする。
(助太刀おしょうさん)

小学校3年ぐらいで親にオペラグラスを買ってもらった。紙製の単純なもの。倍率がそこまでではなかったが、遠くが見えて楽しんでいた。
あるとき、オペラグラスをのぞきながら歩くブームと、自転車に乗るブームが起きた。はじめは慣れていないので壁にぶつかるなどしてやめたが、慣れてくるとけっこううまくいく。朝から晩までそのままで生活していた。
その日から2日ほど、オペラグラスをのぞいていないのにのぞいているような気がして、前もってまがったりしてけがばかりしていた。20歳を過ぎた今でもたまに先走る。
(はがたさん)

子供の頃から、ラーメン屋の裏から漂う香りを夕方にかぐと、えもいわれぬ将来への不安が押し寄せてくる。
(喪が明けないさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/203-37a64412