FC2ブログ

1996年07月08日放送分 日本一短いデブへの手紙 - 深夜の馬鹿力データベース

1996年07月08日放送分 日本一短いデブへの手紙

[太陽にほえろ!のいやな殉職刑事シリーズ]
ポポロン。
 (群馬県・PN:東京芸人の星バカルディ 絶対匿名絶対匿名)

エッセイ。
バリアー。
PAR5。
 (札幌市・PN:アオミドロ)

[新しいオリンピック競技種目] (札幌・PN:アオミドロ)
家族サービス。
冷やかし。
パーティー。

[いやな『できるかな』] (神奈川県・PN:キャッツ&ペイーロ)
ノッポさんの頭の上に、帽子の代わりに太ったネコが不機嫌ヅラで乗っている。

ノッポさんがいつも仏頂面で、ガムをくちゃくちゃ噛んでいる。

ゴン太くんはなぜか後ろ手に手を縛られ悲しい目をしている。

ナレーションが岸田今日子。

ゴン太くんが流暢なドイツ語で怒鳴り散らす。

ノッポさんが遺伝子工学で生物兵器を作っている。

[松崎真]
「手を挙げて、大阪パフォーマンスドールを気取ったら、見知らぬ剣豪に勝負を挑まれ、ナゴヤ撃ちで緊急回避。松崎真でございます。」
 (山形・PN:まわし番長)

「塩ジャケを、くわえてポリスと大乱闘。松崎真でございます。」
「とんがらし、アナルにぷっ刺しマキシマム。松崎真でございます。」
「出がらしの紅茶を出したの大問題。松崎真でございます。」
「『別れて』と、言えない代わりにクソを投げ。松崎真でございます。」
「手を挙げて、王様気取りでストリップ。松崎真でございます。」
 (PN:アオミドロ)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2199-f08b7feb