FC2ブログ

1996年02月26日放送分 日本一短いデブへの手紙 - 深夜の馬鹿力データベース

1996年02月26日放送分 日本一短いデブへの手紙

[パーティー会場にて] (PN:ロケットペンシル)
「さあ、続いてはGの40。」
「リーチ!」
「おーっと、これで5人目のリーチです。次でラストナンバーになりますか!?さあ、続いては。」ガラガラガラガラガラー。
「はい、グルパジャ星人がシメサバを嗅いだ時に垂れ流す、黄ばみががっているぬめっている汁の数。」
「ビンゴー!!」
「…いくつだよ。」

[病院にて・手術前] (PN:ロケットペンシル)
「先生、うちのマサルは本当に大丈夫なんでしょうねぇ?」
「ハッハッ。ま奥さん、そんなに心配なさらなくても。」
「でもうちの子の病気は、重病と言われているものでは…?」
「奥さん、今の医療技術は、常に進歩しているものです。まあ奥さんは、芸能界におけるギリギリガールズの状況で待っていれば大丈夫です。」
「じゃダメじゃん。」

[あったらいいな] (PN:普通の社会人)
犬の首都高速。犬交通情報。シベリアンハスキー2匹、ウンコ中につき15キロ渋滞です。

[朝礼] (PN:永久温泉)
「それでは、本日付で着任されました、校長先生のお話です。」
「あーあ、またどうせ話なげーんだぜ。」
「ン、ン、ン、ンー。所はフランス、時はルイ王朝が栄華を極めた18世紀。オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェという名の、美しい美しい将校がおりました。しかし彼、いや彼女は…」
2時間経過。
「…圧倒的不利な状況にありながら、死力を振り絞って戦うオスカルを、鈍く光る銃口が狙って!…お、こんな時間ですか。では、私の話はここまで。」
「先生、オスカルは?アンドレは?続けてー!!」

[つのだ★ひろ] (PN:永久温泉)
つのだ★ひろ、星を2つに増やして乳首に貼り、自分は寺沢武一の描くヌードダンサーに扮したつもり。でも、それはジャイアントキバラ。

[無題] (PN:ショーモナイザー)
円楽、大奇利終了後、泣きながらシャワー。

[替え歌] (PN:ダメ人間)
ドッドッドリフの大爆笑
にーちゃんねーちゃんパパにママ
ヒゲモジャ警部にアゴ侍 ニヒルな部長を殺す夢
フレンチ鉄人マギー司郎

ドッドッドリフの大爆笑
にーちゃんねーちゃんパパにママ
犬ヅラドクター マッチョマン 郵便ポストを壊すフリ
命の恩人ニキビ面

[替え歌] (PN:アオミドロ)
ウルトラの父がいる ウルトラの母がいる 
そしてアホウが尻穴いじってグミョッグミョッ

[デパートの店内放送] (PN:アオミドロ)
「ピンポンパンポーン。お客様のお呼び出しを申し上げます。地下2階食品売り場で、勝手に住んでる貴様。とっとと出て行かないと、シークレットサービスで息をしない状態にします。」

[校歌] (PN:アオミドロ)
「校歌斉唱、全員起立。」
ジャンジャンジャジャジャジャーン、ジャンジャーン、ジャンジャーン。
「尻からーニョキニョキー、黒い綱ー、伸ばして叩いて大暴れー、全裸で一生懸命引っ張ったらー、プーンと変な香りー、で校長死ー。」
ジャンジャジャン。

「校歌斉唱、全員起立。」
ジャンジャンジャジャジャジャーン、ジャンジャーン、ジャンジャーン。
「アーン、やめてー、父が見てるから~。」
ジャンジャジャン。
「危険な顔してどうしたの~。ダイナマイトでも食らったの~。違うのねー、良かったわー。でーもヒゲモジャ…(もういいや、ずっと続いてるから、と伊集院ここで読むのを止める。)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2213-567f79aa