FC2ブログ

1996年02月12日放送分 日本一短いデブへの手紙 - 深夜の馬鹿力データベース

1996年02月12日放送分 日本一短いデブへの手紙

[プロ野球] (PN:かさいあきひろ)
2アウト満塁。
「かっとばせー、山崎ー。今すぐケツ見せろー、オー!」
「まかしとけー!」ベローン。
審判、カツカツカツカツ。「今のケツ出し、ホームラン級。4点。」

[やな5歳児] (PN:NEWラジパラザウルス)
『もう10年早く生まれていたら、高木守道のいぶし銀の守備を見れたのに』と残念に思う5歳児。

[病院にて] (PN:スカイフォークの里中茶美)
「あのー胸が、胸が、苦しいんですけどこれ、何の病気ですかね?」
「これ、ロマンティックが止まってませんねぇ。」
「C-C-Bかよ。」

[新パターン] (おか あきひろ)
「全部合わせてたったの1万円。お電話は、こちら。東京ぜろーさーん、パイ揉み将軍もんどりうって、高いとこから落ちるー夢ー。」

「全部合わせてたったの1万円。お電話は、こちら。東京ぜろーさーん、ヒゲモジャ奥さんまな板片手に、サイと格闘、折ったツノ掲げて、ウォイウォーイ。」

[いやなセミの鳴き声] (PN:消印所沢)
「…寒い。寒い。寒い、寒い、寒い、寒い、寒い、寒い、ウィーヨワ。ウィーヨワ。」

[料理の鉄人] (PN:ベロリンチョ大塚)
「今日の挑戦者、和食の勇者と、鉄人珍に、何のテーマがよいか私は考えました。そこで私は和と中華に不公平がない、あの魚を用意しました。それでは発表します。今日のテーマは!」バサーッ。
「アンコウ!…の胃袋の中に入っている、消化されて半分溶けているアジ。さぁ作れ。」

[幼稚園にて] (PN:ベータ)
「ハーイみなさん、今日は節分ですよ。このカーテンの後ろにオニさんがいますから、みんなで豆を蒔いてやっつけようね。いいですかー?」
「ハーイ。」
「それじゃいきますよ。」
ガシャーン。「本物だー!!」
幼稚園児を殴り殺す鬼。まさに鬼。頭の上でブンブン金棒をぶん回す鬼。そう、鬼。

[いやなバス] (PN:少年アベシ)
降りる時に押すボタンが、運転手の右乳首。

[スポーツ紙の見出し] (PN:かさいあきひろ)
「スクープ!べらんめぇトリオ解散。…って誰?」

[卒業式より、よびかけ] (PN:アオミドロ)
「4月からは、いよいよ中学生。」「中学生。」
「制服を着るのが、楽しみ。」「楽しみ。」
「中学に行って、勉強に。」「勉強に。」
「部活に。」「部活に。」
「頑張って下さい。」「下さい。」
「そうそう、話は変わりますが。」「ますが。」
「さっき校門で、震えてウンコをしていた変な人。」「な人。」
「殺してしまいましたが。」「ましたが。」
「よーく考えたら。」「えたら。」
「校長でした。」「でした。」

[イメクラにて] (PN:アオミドロ)
「いらっしゃいませ。」
「あ、あの、こ、ここ、イメクラですよね。」
「ハイ、どのようなシチュエーションがお好みで?」
「あのー、僕がプニョットで、あなたがピカタン隊長でお願いします。」
「はあ?」
「それじゃ僕がムーンサルトで入っていきますんで、天井で寿司を握ってて下さい。」
「だからさあ、それ何なの?」
「プニョット。」
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2214-82bafac1