FC2ブログ

1995年12月11日放送分 日本一短いデブへの手紙 - 深夜の馬鹿力データベース

1995年12月11日放送分 日本一短いデブへの手紙

[日本一短いデブへの手紙] (※)(東京都・PN:かさいあきひろ)
「斉藤んち?ああ、ツタに覆われて入り口がわからない家だろ?」

[日本一短いデブへの手紙]
「さあて、来週のサザエさんは、『人食い鬼』『耳から緑の血』『指折り石地蔵』の3本です。来週もまた、見て下さいね!ンアンン。」

[日本一短いデブへの手紙]
「ババンババンバンバン!歯磨けよ!」
「ババンババンバンバン!やっぱ磨くな!」
「ババンババンバンバン!やっぱり磨け!」
「ババンババンバンバン!磨くなー!」

[日本一短いデブへの手紙] (千葉県・PN:グリーンモノクロ90%)
「村田!」「うぁーい。」
「森山!」「はぁーい。」
「山口!」「はーい。」
「山田にしてはやけに毛深い生き物!」「ポォー。」

[日本一短いデブへの手紙] (※)(福島県・PN:ARB)
「それでは、1位の田中選手にインタビューをしてみたいと思います。おめでとうございます。今1番したい事はなんですか?」
「ハァハァ、そうですね、かりんとうをお湯でふやかして、ウンコに似せたいですね。」

[日本一短いデブへの手紙]
しらすの中に入っている、ちっちゃいカニしか食べない王様。

[日本一短いデブへの手紙]
「ぼくドラ…イアイス好き。」

[日本一短いデブへの手紙]
[やな大名]
スクイズ大名。

[やな大名]
ミサイル大名。

[日本一短いデブへの手紙]
「お母様、もし本屋さんに御用があるんでしたらば、カミュの異邦人とゲーテの詩集を買ってきて下さいませんか?」
「まあ、勉強熱心なのは結構ですけど、一度に2冊読むよりも、1冊を熟読なさった方がよろしいのではなくて?」
「そうですね。では、重い方を。」

[日本一短いデブへの手紙] (※)(ラジオネーム:群馬のマントヒヒ使い)
[いやな締め技]
ときめき締め。

[日本一短いデブへの手紙]
「100円クイズハンター!」

[日本一短いデブへの手紙]
3年B組金八トレイン。

[日本一短いデブへの手紙]
「続いては、プログラムNo.6、3年生による、犬ひっぱり。」

[日本一短いデブへの手紙]
「ピッチャー、第1球のモーション、振りかぶって投げたかった!」

[日本一短いデブへの手紙]
「えー、最新情報が入りました。ラマでした。」

[日本一短いデブへの手紙]
「それでは、鑑定結果をどうぞ!」
ピコン、ピコン、ピコン、ピコン。「130円」
「ちょっと待って下さいよ、どうして、横山大観じゃないすか?」
「てめー、そりゃてめー自身で描いた絵じゃねーか。」
「な、なぜそれを!?」
「下手くそだし、それ以前に大観はパンダの絵なんて描いてねーよ、バカ!」

[日本一短いデブへの手紙] (PN:宇宙戦艦円楽)
[とあるお見合いにて]

「あのー、ご趣味は何かありますか?」
「サボテンひねり汁すすりなんかを。」
「よかったー、僕と一緒だ。」

[日本一短いデブへの手紙]
小学校の時の校歌、うろ覚えではあるものの、2番の出だしは確か、「木刀なるべく使わない」。

(※:風小僧グッズ)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2222-a0ab3754