2008年02月11日放送分 1億人が泣いた・感動の作り話 - 深夜の馬鹿力データベース

2008年02月11日放送分 1億人が泣いた・感動の作り話

女の子とおばあさんの出会い。陸王を女の子が発見するエピソード。女の子は介護をやってて、介護先のおばあさんの家の居間にある、若い頃のおじいちゃんとおばあちゃんとバイクの陸王の写真を見つけて、「自分の知り合いがこのバイクを探してます」みたいな話。おばあさんは「実はこれはガレージにあるんだよ」と。ガレージに行ってガレージの明かりをつけると、そこには陸王が
(あきうしさん)


街中でおばあさんの気分が悪くなり、うずくまってるところを少女が介抱する。おばあさんにつきそって入った家に、少女はバイクの陸王を発見する。
(8番セカンドさん)


おじいちゃんが村の地主の息子で、おばあさんはそこの家に来てた奉公人・お手伝いさん。
(ニコタンさん)


おばあさんはすごい良家で育って許婚がいて、許婚の友人だったおじいゃんを好きになって駆け落ちみたいな・・・
(ビタミン不足さん)


月日が流れ、少女は老人と言っていい歳になっていた。その時には陸王も故人となっており、バイクの陸王もまた動かなくなっている。そんな日、1人の青年が訪ねてくる。その青年は「陸王を売ってほしい」と言う。「わかりました、このバイクを譲りましょう。お金なんていりません、その代わり・・・」でスタッフロール。
(虚数さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2247-76d9b4ef