2008年02月04日放送分 1億人が泣いた・感動の作り話 - 深夜の馬鹿力データベース

2008年02月04日放送分 1億人が泣いた・感動の作り話

彼女は何らかの事件に巻きこまれて車椅子に乗っている。その犯人は再犯者だったので、もう2度とこのような悲劇が起きてほしくないと、父親は保護司をしている。保護観察になった陸王を受け持ち、そういう形で陸王の面倒を見るようになって、彼女と陸王も出会うようになる。
(ささやき女将さん)


整備工場を営む中年男性と、10年程前に離婚した妻との1人娘。少女は熱心に仕事に打ちこむ陸王を見てるうちに、まだ工場も家族もうまくいってた頃の熱心に仕事に打ちこむ父の姿とを重ね合わせ、いつしか好意を抱くように。
(ぽこちんさん)


陸王に想いをよせてる女の子は、陸王を引き取ってくれた整備工場のおじさんの娘というのはどうでしょうか。昔やんちゃをしてしまったために刑務所に入る前に妻と別れることになったおじさん。そのときまだ赤ん坊だった娘は、妻に引き取られることになった。それから数年、模範囚として刑期よりも早く出所できたおじさんは必死に働き、小さいながらも自分の城である整備工場を持つことができた。そんなおじさんの前に、1人の少女が現れる。その少女は十数年前に生き別れた娘だった。
(だっとさん)


彼女は青年を引き取ったおじさんの娘という設定。彼女の母は家を出てってしまい、父と2人暮らしだが、職人肌の父は仕事一筋で無口。娘もバイクに興味が無いので、もともとあまりいい関係ではない。そこに青年が住み込みで働きに来ることで、父と娘のかけ橋になり、親子に会話が戻って・・・
(奈良県民さん)


少女は陸王少年と同じ施設で育った。青年は親に捨てられて施設にいるが、少女の親は人を殺した犯罪者。親が刑に服してしまったため、施設に預けられた。幼い頃、人殺しの子とまわりからいじめられていた彼女を不器用にかばっていた少年時代の陸王。やがて少女は遠い親戚にあたる金持ちの家に引き取られていく。新しい家族は優しい人たちであるが、少女の過去を断ち切ろうと、青年とのつきあいを許さない。生きるのが下手で無口な陸王青年も、少女の新しい家族に徹底的に誤解されてるため、あえて近づこうとはしない。
(宇宙海賊さん)


少女は17歳。年齢をごまかしてキャバクラで働いていたが(家庭になんかあったらしい)、「借金を棒引きする代わりに愛人になれ」とキャバクラの店長にせまられていた。そこにたまたまやってきたおやっさんに全てを話す。おやっさんは借金を肩代わりする代わりに、家の手伝いをするようにと提案。少女はおやっさんの家で陸王の話を聞いて、陸王に恋をしていく。
(なおさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2257-22317e8f