2010年12月20日放送分 ナイナイアルアル - 深夜の馬鹿力データベース

2010年12月20日放送分 ナイナイアルアル

「フルCGでついに実写映画化、中2のころの俺を見て激怒したファン」のあるある


CMで、映画を見終えたバカ子ちゃんたちが「中2サイコー」
(他力本願寺さん)

今でも付き合いのある親友達が、陰で自分のことをゴミ虫君と呼んでいたことが明らかになる
(砂漠のつくねさん)

LiLiCoが面白いっていってたのに
(手淫雷火事オナニーさん)

本編終了後のエンディング曲に中2のときの俺が作詞作曲した「Stop and start」が使われていないと大ブーイング
(てばさきていとりはださん)

前売り券をご購入の方だけに「中2のころの俺カレーパン」をプレゼント
(貫く棒のごとき物さん)

俺役の佐藤健と俺の対談企画が組まれるが絶対行かない
(たまごがおいしい季節さん)

劇場入り口で、紙でできたサンバイザーがもらえる
(猫の島さん)

香川照之、この映画も出てる
(猫の島さん)

女子の靴下をほおばるシーンが条例に抵触したため、東京では修正版で公開
(へこーきさん)

何で中2のときの俺が週刊プレイボーイなんてしゃれたもので手慰みをしているんだ。そこは親父が電車の網棚から持って来た週刊宝石だろ
(へぽーさん)

鑑賞者全員サービスが、パソコンの前でヘッドフォンをかけて手淫をしている僕と、それをドアの隙間からのぞいてしまい、声をかけられなくなった父と「お父さん、ごはんだからたかのり呼んで」と言いながら台所から俺の部屋に向かう母と、それを冷ややかな目でみる猫の携帯ストラップがもらえる
(いかあくさん)

俺の手淫中に突然現れる手淫の妖精役に小向美奈子が
(藤井菊一郎さん)

親戚のおじさん役でワンシーンだけ登場するクリント・イーストウッドは無駄
(藤井菊一郎さん)

後に公開されたスピンオフ作品、「中2のときの大竹」ではファン号泣
(子犬に粘土さん)

CASSHERNよりは面白い
(キャタピラなぎささん)

TBSの制作なので、当時俺が夜中に聞いていたオールナイトニッポンがJunkに変わっている
(無重力スナイパーさん)

究極のオナニーを開発しようとして肩を脱臼するシーンをどう演じるか期待してみれば、そのエピソード丸々ない
(母を泣かせて3000日さん)

母にキレて物を投げたシーンだけ3D
(ガータードライバーさん)

あれ、嘘彼女が実写化されている
(だんご先輩さん)

紀里谷監督にしてはよくやったほう
(万引き女子高生さん)

脚本は優れていると思うのだが、いかんせん俺役のキムタクがキムタク色全開の演技をするので、母親を罵倒するシーンでも、思春期の悲哀が全く伝わってこない
(うんこぴりぷりおならブーさん)

ある朝ガスが壊れてお湯が出ないことに、母親に八つ当たりし、学校を休むエピソードがない
(ある2号さん)

無性にチン毛を剃りたくなって後で後悔したシーンがない
(じゅんでーすさん)

親父の全自動雀卓にぽこちんを当てているシーンがない
(がはくたんさん)

「うっせーよ、はいってくんじゃねーよ、クソババア」という台詞が自分の作品の台詞に酷似していると松本零士が
(がはくたんさん)

ときメモ2の音声合成で卑猥な言葉を言わせようとしたものの、言ってくれなくてぶち切れているシーンがない
(略してチカチューさん)

「逆に女の子に見に行ってほしいよね」とテリー伊藤
(たらふく食べ過ぎるさん)

あの頃の俺はヤンサン派だったのに、スポンサーの関係上ビックコミックスピリッツを呼んでいる
(帯に短したすきに長し、ちんこ隠しにゃちょうどいいさん)

好きな子のスカートがめくれる瞬間にマトリックス並の演出が
(ねいちさん)

こんなイケメン俳優がもてなかったわけがないだろ
(フォレストガンピーさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/229-f5d5a3bf