2009年11月30日放送分 ナイナイアルアル - 深夜の馬鹿力データベース

2009年11月30日放送分 ナイナイアルアル

「突然辞令が出て、こども店長の部下で65歳新人泣き虫店員の上司という中間管理職のポジションに異動した」ときのあるある


「この説明用のパネルだけど、アニメの挿絵入れた方がいいな」とこども店長に言われ、65歳新人泣き虫店員が描き加えたのが下手くそなのらくろ
(きたさん)

平均年齢37歳の元気な職場ですって書いてあったから来たのに
(ゆうすけ07さん)

こども店長のピカチュウの財布に万札がびっちりで軽く引く
(ワッキーペンシルさん)

泣き出す65歳新人の様子を見て、「10年前は、こうだったな」と、自分が65歳だった頃を思い出す
(養殖記念物さん)

こども店長に何か文句を言われても、うんこやちんこを使ったギャグをやれば、すぐにご機嫌になって、給料100万円あげるとか言うので、案外楽
(ジョニーきのわさん)

「今日は、クジラの甘露煮だけかと思ったら、かんゆが2粒付いてきたようなものです」例えが古い
(タイムパトロールはじめましたさん)

カンブリア宮殿の取材中、カメラの前でもじいさんがめそめそ泣いてしまうので、スタジオで小池栄子に「あの泣き虫店員はいったい何なんですか」とたずねられ、「人生をなめてる、ただ歳食っただけのガキですよ。そいつを教育するのも我々の仕事です」と答えるこども店長の姿がかっこいい
(夜行性の生き物さん)

社内の汚職を内部告発したために、このような閑職をあてがわれてしまった。しかし、くじけてはいけない。闘いはまだ始まったばかりだ
(ちはらみのるさん)

会社の慰安旅行で草津に行くことになり、さっそく温泉へ。店長だからと言って子供になめられっぱなしではいけないと思い、大人のおちんちんをさりげなく見せつけてこども店長をびびらせる。しかし、その後ろでは、こども店長のものをみて泣いている65歳の姿が
(江頭さん)

こども店長、泣き虫店員。僕のあだ名だけ、短小包茎童貞ブタ眼鏡デニム部長(与那嶺136さん)「いつも言ってるだろ。接客も女くどくのも一緒なんだよ。お前もくどきたい女いたら、その女の好み考えた話題必死で選ぶだろ。そういう努力をしろって言ってんだよ。それで初めて女が抱けるんだろ。相手の求めるものに答えるんだから、ベットの上でもそうだろ、違うか?」店長が僕たちにわかりやすいように使ってくれた比喩表現も、そろいもそろって童貞と、童貞の僕の部下にはさっぱり響かない
(グールズのシャリオさん)

泣き虫店員「すみません」こども店長「すみませんとかじゃなくてさ。お前、本当にいっぺん死ねばいいのにな。何この契約数。なめてんの、俺を?」すでに言葉もしゃべれないほど顔をぐしゃぐしゃにしている泣き虫店員を見て、さすがに僕もかわいそうになり、「まあまあ店長、今日の所はそのへんで」と仲介に入ったところ、「おめえは俺のポケモンのレベルあげときゃいいんだよ」
(岡ノ上のくそむしさん)

こども店長「俺のパソコン、フィルタリングがかかっててアダルトサイトが見えないから、お前の貸して」僕「いいっすよ」
(グールズのシャリオさん)

今回のお題は、俺がトヨタなんて大企業に就職している設定がナイナイなんでしょ、どうせ
(与那嶺136さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2340-39f69930