2007年12月31日放送分 リストカッターケンイチ(最終回) - 深夜の馬鹿力データベース

2007年12月31日放送分 リストカッターケンイチ(最終回)

「ケンイチ、ゲームソフトを買う」の巻

楽しみにしていた野球ゲームの発売日に朝から自転車でゲームショップを目指すケンイチ君。木曜日の朝一に買いに行くことができるのがニートの強み。しかし、7000円近い出費は逆にニートにはきつい。なるべく安く売っている店で買おうと、まずは1軒目のゲームショップに。6100円で売っていたが、別の店の値段も見てから買おうと自転車をこいで別の店へ行くケンイチ君。やっとのことで到着するも、この店の値段は6500円。ケンイチ君は1軒目の店に戻ることにした。うきうきしながら戻ったが、「この商品は人気のため売り切れました」の張り紙が。ここで1本行きそうになるところを我慢して、値段は少々高いが2軒目の店で買おうと自転車で向かったが、みなさんの予想通り売り切れましたの張り紙が。大きなため息をついた後、自転車をこいでパンパンになったふくらはぎをさすりながらケンイチ君は。
(ほぼ豆腐さん)


「ケンイチ、コンビニ弁当を買う」の巻

仕事を終えて自宅に帰る途中で弁当を買おうとコンビニに立ち寄ったケンイチ君。今日は結構遅くまで残業したのでとてもお腹がすいているケンイチ君は、メンチカツ弁当と大盛り焼きそばをかごに取りレジに並んだ。自分の番がまわってきて、店員さんの「両方とも温めますか?」の質問に「はい」とケンイチ君。チンしたあと、「お箸は1膳でよいですか?」と店員。このデブは絶対両方1人で食う。間違っても家で待っている人とかいないって決めつけだな。家に帰り、その通り1人でメンチカツ弁当と大盛り焼きそばを平らげた後、ケンイチ君は。
(ぶたがしらこうたさん)


「ケンイチ、本を買う」の巻

新しく出た文庫本を買うために近くの本屋に行ったケンイチ君。お目当ての本は大作で、上下巻同時発売とのこと。浮き浮きして2冊本をとり、急いでレジへ向かう。レジの人に本を渡し、財布を取り出そうとするが、レジの人がこちらをじっと見ている。いったいどうしたのだろうと思ったら、レジの人が「こちら同じ本ですがよろしいのでしょうか」ときいてきた。そう。ケンイチ君は上下巻の上巻だけを2冊持ってきてしまっていたのだ。あせるケンイチ君。「こいつ、上下の漢字も読めないくせに小説なんか買ってるんじゃねえよ」というレジの人の心の声がガンガンガンガン響いてくる。パニクってしまい、引くに引けなくなったケンイチ君。「はい、上巻2冊のつもりですけど、何か?」といい、上巻だけ2冊買って帰り、2冊とも読んで、「この後ってどうなるんだろう」とつぶやいたケンイチ君は。
(アドレナリン子さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2507-93af53cb