2007年06月25日放送分 エンタの何様 - 深夜の馬鹿力データベース

2007年06月25日放送分 エンタの何様

6月13日の「スーパーモーニング」でいつもは借りてきた猫のようにおとなしい伊集院さんが、ブラックな面白話を披露するチャンスを邪魔されていました。この日の芸能ニュースの神田うのさんの結婚式に関わる話題で、ものすごくテンションの高い芸能担当の女性レポーターに対し、興味なさそうなコメンテーター陣の中に、あからさまに不愉快そうな表情で画面に抜かれる伊集院さんに期待が高まる僕。しかし担当の女性は伊集院さんのツラに気づかずスルー。次のニュースは、かつて王様のブランチのレギュラーを奪われたことで伊集院さんと険悪な仲になったと東スポで報じられたことのあるえなりかずき氏が、「風俗通いをしたという記事を書いた夕刊紙を訴えたい」というニュース。これは伊集院さんにコメントを振らなければダメだろうと思っていたら、女性担当全く振らない。あきらめかけたその時、アシスタントをつとめる女性のアナウンサーが、「伊集院さんはえなりさん・・・」と言いかけたところで、ピロピローンと速報ニュースが入り、結局発言機会を失う伊集院さん。速報ニュースといっても、元ボクシング王者の渡辺二郎が逮捕されたとかどうでもいいニュース。伊集院さんの発言を妨げた渡辺二郎さんは、数少ない馬鹿力とスーパーモーニングのどちらもリアルタイムで見ている私のようなニートに謝ってください。
(村中豪雪さん)


6月23日放送の「世界ふしぎ発見」で、茉奈佳奈師匠が面白いことをやってました。別々の解答席に座った茉奈佳奈 匠。つかみとして髪型・服・ネックレスを全て同じにきめて登場。「ああこれは、全ての問題で同じ解答を出して、それじゃ2席いらねーじゃんと草野さんにぶっ飛ばされるネタだな」と思って見ていると、この日は全ての解答で異なる解答。しかも全て不正解という、自分のベタネタを逆手にとった上に、真君のおいしいところを横取りしてくという大技を披露していました。ここで小林麻耶アナが「アナウンサーがアシスタントで、タレントがニュース読んででおなじみのうちらの姉妹みたいにバラバラやないかい」とツッコんでいればネタ成立だったのですが、小林アナは十八番の目をウルウルさせた「私は汚れが一切ありませんアピール」を維持したまま、せっかくの茉奈佳奈のギャグが成立していませんでした。小林アナは茉奈佳奈に謝ってください。
(おととい来ましたさん&ボルテックさん)


「クイズプレゼンバラエティーQさま」にて、山本モナ師匠がくり出した面白いのを伊集院さんが流して台無しにしていました。今回の企画はプレッシャースタディというもので、合計10問のクイズを10人が1人1問ずつ答え、全問正解できるかというもの。その中で、都道府県のシルエットだけを見て、それがどの都道府県なのかを当てるクイズが行われたときのこと。結果的には京都府と山梨県が答えられず、その問題は失敗に終わったのですが、全員ががっかりする中、モナ師匠が「あれは京都でしょう」と答えていました。伊集院さん、山本モナ師匠が「あれは京都でしょう」と言ってるんですよ。何か忘れてませんか?あれはツッコミ待ちの自虐ボケですよ。あそこで伊集院さんが「お前は不倫旅行で行ったから忘れらんねえだろうけど、普通わかんねえ」とツッコめばギャグ成立だったのに、せっかくモナ師匠が自らを犠牲にしてまで披露したボケがスルーされてしまいました。伊集院さんはモナ師匠に謝ってください。
(青年虚業家さん)


「ラジかる」という番組で、江角マキコ師匠が面白いトークをしていました。ゲストで来た江角師匠がリクエストされた曲を流し、発売していたその曲がはやってた時代について話すコーナーで、遠い目をしながら「あの頃は将来のことなんて考えられない、その日その日が完全燃焼っていう感じでしたね」と江角師匠。そこで司会の中山ヒデちゃんが「そりゃ年金なんか払えませんよね」とやれば、遠い目でものすげえかっこつけた分、脚立が折れる音がしてバカ受けという代物にもかかわらず、適当な話でスルーするヒデちゃん。ヒデちゃん、そんなことじゃ、ABブラザースもいつか解散しちゃいますよ。
(浄水器アンドふとんセットさん&ドンドンドン何の音プキプキーさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

10年前なのにモナ師匠はハッキリ覚えてるわwww

2017-06-21 15:55 | from -

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2589-8d004c7e