2007年03月05日放送分 200文字でやっつけろ - 深夜の馬鹿力データベース

2007年03月05日放送分 200文字でやっつけろ

映画・バブルへGO-タイムマシンはドラム式-

「私をスキーに連れてって」「メッセンジャー」などで知られるホイチョイ・プロ製作の最新映画「バブルへGO-タイムマシンはドラム式-」がいよいよ公開。ところで、今の時代にわざわざバブルをテーマにしたりして、ストーリーよりも企画先行ですよみたいな匂いを出す、ホイチョイの「泣ける邦画全盛の時代にあえてセンスの無いことをやってますけど、このギャグがわからないあなたこそセンスが無いんですよ」的なやり方?僕は大っ嫌いなんですけど、みんなどっすか?
(銀シャリ大臣さん)


映画・しあわせのちから

住む家を失い、息子と共にホームレス生活をするほどの極貧にあえいでいた主人公が、息子に支えられながら一流企業に入社するまでを描いた、家族愛のストーリー。見どころはウィル・スミスの子供、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスの演技って情報誌に書いてあったけど、「ジェイデン・スミス」とか「ジェイデン・C・スミス」と略さないのは、ライターが字数を稼ぎたかったからなのか?ま、そんなことより俺も今から職安だから。公開中。
(芥川茶坊主さん)


映画・さくらん

この前「ブランチ」に出ていた土屋アンナが、映画さくらんの撮影現場や自分の演技について、「キレるのも泣くのもいつも本気でやってる。だからカメラとかの方が大変かも」と大物風を吹かせていたのだが、映画評を見ると「女性たちの衣装がすごい」「音楽が素敵」といった、役者の演技とは直接関係の無いものばかり。いったい彼女の自信はどこから来たものか?それを確かめるためだけに見てみる価値のある作品だ。公開中。
(花より大名さん&スキャットマンさん)


YMO・RYDEEN79/07

この曲が発表された1979年、若者たちはこの曲を聴いて21世紀という未来の世界を想像したのであろう。そんな名曲が21世紀となった2007年にリミックスされた。1979年から数えて実に28年ぶりの再リリース。この間、世間では様々な出来事があった。「やるっきゃない」「ナイスですね」などの名言。「ペアヌード」「誠意大将軍」「アニータといえば桑田の愛人のほう」などなど。まさに激動だったこの時代を振りかえりながらきくと、涙が止まらないはずだ。
(アオミドロさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2658-29720408