FC2ブログ

2006年02月13日放送分 渡辺校長の平成ハレンチ学園 - 深夜の馬鹿力データベース

2006年02月13日放送分 渡辺校長の平成ハレンチ学園

昨年のこと。社会科見学みたいなイベントで不燃ゴミの処理施設に行きました。ほぼオートマティックでペットボトルやら缶やらその他のゴミやらを部屋ごとにわけるシステムに感心しつつ、地球環境のことを考えさせられました。中でも、最終工程の手前で見た、その他のゴミをさらに遠心力等で振りわける機械がすごい。巨大な筒の中央で多くのゴミといっしょに真っ赤なブラジャーが回転していました。たしかにあれはブラジャーでした。恐らくあれもブラジャーという部屋に分別されるのでしょう。その部屋も見学したかった。すごく見学したかったけど見られませんでした。
(変幻自在さん)
停学1ヶ月


昨年のバレンタインデーのこと。ちょっとしたジョークグッズみたいな顔をした僕は、茶色い甘苦い物をもらうことなど当然無かったのですが、夜、会社勤めの親父が、恐らく部下のOLたちからもらったであろう義理チョコを5、6個持って帰ってきました。最初は「おりゃあ、おめえと違って会社でもてもてだあ」とかぬかすクソオヤジを無視していたのですが、ふと見ると中におっぱいの形のチョコがあります。しかもけっこうリアルな形です。ものすごく欲しかったのですが、くれと言える雰囲気ではなく、さらにしつこくオヤジエロギャグをふってくる父親に、「あのさあ、こんな下品なチョコもらうなんてさ、お前会社でエロいことばっか言ってんだろ。そういう父親は尊敬しろったって無理だよ」と怒鳴りつけ、おっぱいチョコを屑箱に叩きこみました。次の朝、父親が僕の部屋に来て、「思春期のお前の気持ちも考えず、すまなかったな。でも、俺も家族のためにがんばってはいるんだ」と言いだしました。僕は父親に悪いことをしたという気持ちでいっぱいになり、「昨日はごめん。いや、俺なんか受験とかで最近ストレスたまってて」と謝りました。あんなに素直に謝れたのは、夜中に屑かごからおっぱいのチョコを拾い上げて食べたからだと思います。人間甘いものを食べないとストレスがたまりますからね。
(コンドミニアムさん)
停学1ヶ月
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2831-6b042343