FC2ブログ

2005年05月16日放送分 ブーム再来 - 深夜の馬鹿力データベース

2005年05月16日放送分 ブーム再来

小学校3年生のとき、僕とK君とN君の間で「缶当てゲーム」なるものがはやりました。ルールは簡単です。登校途中に拾ってきた空き缶を誰彼かまわず投げつけて当てるというゲームです。今考えても何が楽しかったのかわかりません。途中からこのゲームは発展していき、図工室から頂戴した折り紙を缶に貼り、その上に好きな絵などを描いてそれをぶつけるというものになりました。今考えても絵を描く意味がなんにもわかりません。
(ため息さん)


小学校3年生ぐらいのときに友人Kとはやったブームで、半ズボンのチャックを全開に開けてズボンが足元に落りきるまで教室を笑いながら
全速力で走るゲームをしていました。10年以上たった今ではなぜそんな遊びが始まったのか、そして何が面白かったのかも覚えていませんが覚えているのは、ズボンを足にからませて転んだことと救急車のサイレンがしたことだけです。それ以来その遊びはやったことがありません。
(イカ天さん)


小学校のころ、参勤交代という遊びがはやりました。人通りの少ない場所を選び、誰かが通るのを待ちます。人が来たらその人が通り去るまで土下座をしつづけるというゲームです。その光景を親に見られた友人の2人が、まあいろいろ相談に連れていかれ、ゲームは終了になりました。大勢でやればはやるのではないでしょうか。
(1388さん)


小学校のころ、「勝手に鬼ごっこ」というのがはやっていました。まずお昼休みの校庭に出て、そこで遊んでいる全く知らない人に触り、「タッチ、お前鬼、逃げろ!」と友人3人でダッシュで逃亡。その子はわけもわからずその友達にタッチ。僕らは強制的に始まった鬼ごっこを校舎2階から見物してゲラゲラゲラゲラ笑っていました。ある日馬鹿な友人のAが上級生にタッチする前に逃げ切れずにそのまま鬼にされ、休み時間中半泣きで足の速い上級生を延々と30分追っかけまわすというシチュエーションを最後に、この遊びは終焉を迎えました。
(1388さん)


小学生のころ、テレビでバタリアンというゾンビ映画があって、クラスで結構な話題となり、自分と田崎と広田他数人の間で「脳味噌くれー」と言いながら相手の頭を噛むというあいさつができました。2日3日ぐらい同じメンバーでそのあいさつを続けていたらだんだん飽きてきて、新しくメンバーに入れるよう、誰かいないかとスカウト活動をしていたら、隣のクラスにいる佐藤君が「バタリアンを映画館まで見に行ったし好きだった」という情報を入手。みんなでさっそく相手の素質を確かめるため隣のクラスに行き、自分がいきなりバタリアンあいさつをしようと頭を
つかんで噛もうとしたら、頭が臭せえ。
(係長からデコポンへさん)


小4のとき、「♪から揚げ美味しく作るならもみもみ・・・」というコマーシャルにあわせて、3人ぐらいで輪になって回り、「もみもみ」のところで隣の人の股間を揉むという遊びを延々とやっていました。
(ジョン・レモンさん)


小学校6年生のときに、友人のTとの間で自分の持ち物にNIKEのマークを描くブームが起こりました。当時貧乏仲間だった僕とTは有名メーカーの靴などは買ってもらえず、DASHと書かれたわけのわかんない靴をはいていました。その鬱憤を晴らすかのようにNIKEの上履きからはじまり、NIKEのランドセル、NIKEの分度器、NIKEの国語の教科書などを製造し続けました。ところがTが誕生日かなんかにおじさんに本物のNIKEの靴を買ってもらったことで僕は急にさめ、というかなんだかとてもいたたまれない気持ちになり、極太マジックで全部のNIKEのマークを塗りつぶし、ブームは終わりました。
(クッキング小早川さん)


僕らバカ小学生3人組内ではやったブーム、それはウママブームです。ウママは音楽の授業で「剣の舞」のレーザーディスクを見せられた僕の頭の中に突然ひらめいたもので、剣の舞を「ウママウマウマ、ウマウマウマウマ、ウマウマウママママー、ウーマー」って歌うと、いわれもない爽快感がありました。この歌はみんなに伝染し、他のバカ2人にもウママトリオを結成。いつもウママウママ歌っていました。
(ラジオさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2957-f558dcb4