FC2ブログ

2005年01月31日放送分 いい旅夢奇文 - 深夜の馬鹿力データベース

2005年01月31日放送分 いい旅夢奇文

長野編
長野県で1番有名なものと言えば田中康夫知事。県庁の自分の部屋をガラス張りにした部屋は善光寺と並ぶ長野観光の定番スポットとなっています。が、本当に長野を知りたいのなら見ておきたいのが野生のやっしー。選挙運動のときに大量に作られたものの評判イマイチのやっしーの着ぐるみが県庁の地下駐車場の隅に放置され、それを信州の厳しい寒さを逃れようとやって来た、冒険心を失ったハックルベリー・フィンさんたちが勝手に着て出ていくうちに公園でちらちら見られるようになったのが、この野生のやっしーです。また6月ごろには脱皮したやっしーの抜け殻も見られるのでしばらく野生動物ファンの注目は続くでしょう。
(バター飴から始まるサクセスストーリーさん)

宮崎編
この時期の宮崎といえばプロ野球のキャンプ。これを目あてに宮崎に行く人は多いことでしょう。でもこんな情報ならスポーツ新聞さえ読んでいれば、エロ面の間違い探しクイズに夢中にならない限り誰もがわかる情報です。通のみなさんは宮崎で地味にやっている、ものまね芸人のキャンプをご存じでしょうか?温暖な気候のほうが顔の筋肉が動きやすいという理由で、前田健がグランドでボロボロになるまでおちょぼ口をしているさまや、裕太郎が通常のデカいブランデーグラスのさらに数倍の大きさのブランデーグラスを上げ下げして腕の筋肉を鍛えているさま、リトル清原がジャイアンツのキャンプに行っては本物の清原のつぶやく堀内監督への罵詈雑言を盗み聞きして戻ってきて、即「つけ鼻かボケ」とのどから血が出るまで発声練習しているさまには、プロ根性を感じます。
(バス工場さん)

北海道編
網走といえば安部譲二。それはそれとして今の季節はオホーツク海の流氷ですね。でもクソ寒いなか遊覧船に乗ってただ氷を見るだけとは、ヤクルトの稲葉があれほどまでにメジャーにこだわる理由ぐらい疑問が残ります。そこで今年から網走の観光協会がはじめたのが、流氷見物をアレンジした「上島流氷」です。遊覧船に乗って流氷の外まで来たら、観光客が見飽きたころを見計らって1枚の流氷に乗ったブリーフ1丁の上島竜兵さんがやってきます。まずは上島さんが「こんな寒い中凍りついた海に落っこったらどうなるかわかってんだろな、絶対船に備えつけの棒で押すなよ」と上手に備えつけの棒の存在と使い方を教えてくれますので、上島さんの3回目の「絶対押すなよ」のタイミングで、突いてあげてください。あとは厳寒の海に落ちた上島さんの「殺す気かー」のセリフを聞くなり、流氷の美しさとナイスリアクションをながめるなり堪能してください。
(じん六さんの宴さん)

東京編
東京タワー「蝋人形館」といえば世界の有名人の蝋人形で有名ですが、その地下にある蝋人形館B館はご存じですか?ここは、勢いで作ったはいいが飾るタイミングを逃した蝋人形が山ほど展示されていて、「そういやいたな」感でいっぱいです。坂本一生、オーロラ輝子、L・L・ブラザーズ、Rマニア、「1円玉の旅がらす」を歌ってた人、安西ひろこなど、立ち止まるほどではない人がたくさん立っていますが、その蝋人形が似ているかどうかはオリジナルの記憶があいまいなのでわからないのがとても残念です。また、最新作のコーナーに、ピッカピカのテツandトモ、三瓶、ダンディ坂野がそれぞれのキメポーズで並んでいましたが、ヒッポリト星人にブロンズ像にされたウルトラ兄弟を連想してしまい胸が痛くなりました。また蝋人形以外にも、管理人に涙ながらに「小田茜がここにいるのはおかしい。早く上の本館に持ってけよ」と訴えている人なども見られて、ワビサビを感じるナイススポットになっています。
(魔封じの杖さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/2977-2dfbb3f2