FC2ブログ

2004年01月05日放送分 ウソチクの泉 - 深夜の馬鹿力データベース

2004年01月05日放送分 ウソチクの泉

今でこそ干支は子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の十二支で定着しているが、明治時代までは実は狸を含む十三支だった。明治以降、欧米の文化が入ってきて、13という数字が縁起が悪い数字だということがわかってから、狸は削られ十二支になった。
(?さん)

初詣に1人で行く女はたいていじゃがバターを買う。
(?さん)

春の七草は正月の頃農村で「正月くらいは米を食べよう」と考えるのを幕府がそれとなく控えさせるため、この時期すぐに手に入りやすい山菜などを7種類集め、七福神信仰などと結びつけて、縁起のいいものとして覚えさせたのがきっかけ。
(?さん)

梅干は漬けておく年数が長いほどに味に深みが増し、価値が高まる。しかし、だいたい30年をすぎると徐々に種の成分までしみ出してしまい、苦味が出て価値がなくなってしまう。真の食通が金をつむのは25年以上30年以下の間漬け、ギリギリのところで壷から取り出され種を抜き、高い湿度の場所で1年寝かせた梅干である。数百万の値段がつくものもある。
(?さん)

おれおれ詐欺などをはたらく人は人として間違っている。うちのばあちゃんの金は全て俺がせしめるから。
(?さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/3134-02dad36f