FC2ブログ

2002年10月14日放送分 デビットリンチ占い - 深夜の馬鹿力データベース

2002年10月14日放送分 デビットリンチ占い

はがきは来ているので強制突破で実施。


恋人のゆかりとのデートの待ち合わせで東京タワーへ行ったときのこと。待ち合わせ時間になっても来ない恋人にいらだっていると背中がむずむずする感じがしたので、振り向くとそこには東京タワーがあるだけで誰もいない。そんなことが2度3度続いたところで気付いてしまいました。意思を意志を持った東京タワーがてっぺんの棒で僕を突っついているに違いない。ふいに振り返ってみるとまた何くわぬ顔で東京タワーがたっています。次こそと、いつもは1・2の3で振り向くところを、1・2の3と23分の3のタイミングで振り向くと、全ての景色がなくなっていて、赤い脚立にまたがってこっちを見下ろしている赤い全身タイツ、しかもヌードがすけすけの女性がいました。2001という数字の00という部分がレンズになっている面白い眼鏡をかけたその女性は「あなた、全部知ってしまったわね」と言って僕に向かって眼鏡を投げました。僕はとっさにゆかりの身を案じましたが、気を失ってしまいました。気が付くと、僕は恋人も一流大学の学生という身分も素敵な家族も全て失い、あんまり予備校に行く気がしないものとして、東京タワーの見えるベンチに昼日中から座らされていました。
伊集院さん、こんな感じの僕ですが、手持ちの図書券が3000円分あります。どんな本を買うのが1番いいんでしょうか。
伊集院氏:月刊インリン
(デビット伊東さん)


学校の行事のため全員で山にある宿舎に泊まっていたときのこと。急にうんこがしたくなったので便所に行くとそこには便器のかわりにゾウガメほどもあるカナブンがずらーっとならんでいて、その1番奥のカナブンに体育教官の佐山さんが下半身裸でまたがっていました。僕は虫が苦手なので用をたすのをためらっていると、タッチの差で全てのカナブンにクラスの男子がまたがってしまい、僕は仕方なく裏山へ駆け出しました。裏山で僕が野グソをしていると、どこからともなくシカがやってきて、じっと僕を見つめています。シカが全く動く気配を見せないので、よーく見てみると、シカが瞳の力で僕の頭の中に話しかけてきました。「おまえはそれでいいのか。小学校の時もそうだったよな」僕は一生懸命言い訳をしようとしましたが、口が動きません。そしてうんこも止まりません。そのうち、僕のしたうんこが人のかたちになってシカを追っ払ってくれました。しばらくして佐山先生の「集合」という声がきこえたので行こうとしたら僕は全く動くことができず、うんこの人が僕と同じ声で返事をして行ってしまいました。こうして今の僕は僕じゃなくて僕のうんこの人なのですが、それはそれとして、新しいTシャツを買おうと思っているのですが、お店はどこに行けばいいんでしょうか。
伊集院氏:新宿のジーンズメイト
(妖怪さん)


僕が多摩川の土手に座りこれからのことや幸せについて考えていると誰かが僕を呼びました。振り返るとそこにいたのは小学校3年ぐらいのころの僕でした。携帯電話を見ると、今日は2002年10月1日。そういえば、彼と待ち合わせをしていたのを思い出しました。しばらく土手を散歩していると1軒の屋台を見つけました。話すにはちょうどいいと思い近づくと赤いのれんに「あ」「り」「の」「せ」「か」「い」と書いてありました。のれんをくぐると包帯でぐるぐる巻きのおやじが電子音の声で「いらっしゃい。今日はいいのが入っていますよ」と言って皿に乗せた女王アリを出してくれました。小学校3年の僕がずーっとだまっているので「小学校おもしろい」ときくと「自分の胸に手を当てて考えてみろ」と言われました。僕が何も思い出せないでいるといつの間にか隣の席にいた50代と思われるおじさんが「マンホール探検隊のことは本当にすまなかった」と謝りました。僕は「そう言われても」と口ごもっていると屋台のあるじが包帯をするすると取り始め、中から2足で立つ大きなアリが姿をあらわしました。あまりのこわさに大声で「巣をあらしてすみません、巣をあらしてすみません」と叫んで気を失ってしまった僕が目を覚ますと、そうそう伊集院さん、今からコンビニに行こうと思ってるんですが何を買えばいいのでしょうか。
伊集院氏:無印良品の麦チョコ(カツ丼で村おこしさん)


私がピアノの発表会まであと1週間を切ったというのに課題曲すら満足にひけずあせりにあせって鍵盤に向かって猛練習をしていた時のことです。すると譜面がどんどん大きくなっていってそれと同時に自分の指が勝手にものすごく上手にピアノを弾いているではないですか。そのうち部屋中が譜面になってしまったかと思うと音符が勝手に動き出し文章になりました。内容は「鳥が空を飛んでいるのではない。地面が沈んでいっているだけさ」これじゃ課題曲の悪魔お母さんと優しいママが弾けないと困っていると、譜面を破って音楽室のポスターで見た人が助けにきてくれてピアノを教えてくれました。ところがポスターの人がきてからというもの、ピアノの音が子供の悲鳴になってしまい、しばらくは我慢して弾いていたけど、ポスターの人に「中にいる子供たちに悪いから練習を終わりにしたい」と言うとポスターの人は口から黒い音符をいっぱい吐いて部屋を見る見るうちに真っ黒にしてしまいました。結局発表会の日にすごい熱が出たので発表会には行けず、お母さんにひどく叩かれました。伊集院さん教えてください。最近のオススメデートスポットはどこですか?
伊集院氏:お台場。20歳以上なら天王洲アイル
(お手てつないでさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/3627-e61a57e9