FC2ブログ

2002年08月12日放送分 オープニング 前回までのあらすじ - 深夜の馬鹿力データベース

2002年08月12日放送分 オープニング 前回までのあらすじ

交通事故で1人の青年が他界した。人々が悲しみに暮れる中、キネオ少年はとんでもないことを言い出した。「事故にあった男はプロの当たり屋だ。その証拠に去年の夏も一昨年の夏も交通事故で死んだはずなのに戻ってきている。心配している南ちゃんの身にもなれ上杉達也だってボクシング部をやめなきゃならなくなるんだよ。ねえ、母さん」「まったく、テレビ相手に何言ってるの?昼は冷や麦でいいわね?」こんな、夏休みをだらだらと過ごし、毎年なし崩し的にタッチの再放送をだらだらと見てしまう高校生キネオがマリリンモンローの生まれ変わりとは、まことに輪廻転生とは奥が深い。一方、漫画雑誌の若手編集者・手塚松本水嶋治虫零士伸司は担当している戦後漫画界の重鎮・ポンチエニコニコ斎先生に連載の打ち切りを告げられずに困り果てていた。今日も先生の力作、ずっこけくんの生原稿を先生の家の隣のファミリーマートのゴミ箱にねじ込みつつ、ヤングサンデーを立ち読みしながらゲラゲラ笑っていた。お気付きの方もあろう、この若手編集者こそ、杉田玄白の生まれ変わりである。そしてもう1人、この男、ハレンチカウンセラー・大田原浩二郎57歳はスケベ教頭・田之倉謙三の生まれ変わりだ。2002年8月某日、運命のいたずらか偶然の極みか、この3人が中野のまんだらけでばったり出会ったのだが。もちろん何も起こらなかったのだが。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/3781-9d21b638