2007年12月10日放送分 ナイナイアルアル - 深夜の馬鹿力データベース

2007年12月10日放送分 ナイナイアルアル

「リュックの中にカラスの死がいをパンパンにつめて、学校への道をひた走ってるときのあるある」

くせえ。
(ペロさん)

どうやらカラスの中に1匹だけ、まだ生きてる、しかも九官鳥が混じっていたらしく、時折リュックの中から「オハヨ、オハヨ・・・」という弱々しい声が。
(プアマンズクラブさん)

その日は偶然持ち物検査の日で、カラスの奥に入っていたムシキングカードが見つかり、ひどく怒られる。
(ほほえみ鉄道警察さん)

昼休みに、吹奏楽部のあの子のトランペットにこれをギッチリ詰めるだろ。女の子のリアクションを想像して、下半身がガッチガチになる。
(木下優樹菜が好きさん)

あーあ、やだなあ。朝から黒魔術の授業なんて
(うどんどんさん)

曲がり角で出会い頭に女の子と衝突し、リュックの中のカラスの死がいが道路に散乱。なんだかんだで学校に行くと転校生が。何とその転校生はさっきの女の子。そんな運命の出会い。
(ニバレノール入りニラレバいためさん)

家庭科の調理実習で、アザラシの死がいの腹の中に大量の海鳥の死がいを詰めこみ、数ヶ月土に埋めて掘り出したら、海鳥の羽をちぎって、肛門から発酵して液状になった内蔵を直接すするというイヌイットの伝統的な発酵食品「ギビアック」を作ることになったが、果たしてカラスで作れるのだろうか?アザラシの代用品はなんなのか?少し楽しみ。
(ミスターゲーム&ウォッチさん)

登校中、僕と同じ形のリュックを持った男の人とぶつかった。学校に着くなり、「なあなあ、俺、今日おもしれえもん持ってきたぜ」と友達にカラスを見せようとリュックを開けてみると、中身は袋に入った大量の真っ白い粉。いったいどこで?
(土踏まずさん)

数日後、校長先生が朝礼で「うちの学校が、カラスの死がい集めで日本一になりました」と発表し、「これもみなさんが、がんばって協力しあってくれたからこそです」とほめてくれた。
(鳥が鳴くさん)

日々の地味な活動が校長に認められ、わが黒魔術同好会は部へと昇格したのであった。
(ミコとアケミのポセイドンアドベンチャーさん)

体育館の裏で、先週学校にまぎれこんだベンガルトラをこっそり飼育しているので、早くエサをあげなきゃと気をはやらせて走っている僕。一方そのころ学校では、有名な不良グループのうち2人が行方不明との噂が。
(タケノコマンさん)

やたらかばんの中でガサゴソ音がするので嫌な予感がして開けてみると、案の定、お兄ちゃんのかばんと間違えたらしく、全部生きてる。
(年賀状さん)

道に落ちていた10円玉を拾おうとしたら、リュックの口が開いていてバサバサバサとカラスの死がいが道に落ちて、また詰め直さなきゃってなる。そして1匹どうしても入らない。お母さん、どうやって入れたんだろう
(ホタルオキモトさん)

これだけカラスの死がいを持ってれば、あだ名がウンコマンからカラスマンに変わるはず
(けんすけさん)

弁当箱のパッキンがゆるかったらしく、おでんの汁が教科書やノートやカラスについてしまった。
(メイド献血希望さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/380-403605f1