FC2ブログ

2005年11月07日放送分 落語リハビリ - 深夜の馬鹿力データベース

2005年11月07日放送分 落語リハビリ

お題:スポーツ芸者

テニスの得意な芸者・シャラポ奴の噂を聞いて、お忍びで京都にやってきたバカ殿様・徳川修造。お殿様はテニスが大好きなのだ。お殿様は当然シャラポ奴に首ったけ。お付きの者が止めるのも聞かずに城へ招待することになった。殿様といやあ、誰に命を狙われるかわかんないVIP。城の入り口でシャラポ奴にも厳重にボディチェックを入れるが問題は無い。お庭で殿と対戦することになった。しかしこのシャラポ奴、芸者は世をしのぶ仮の姿で本当はロシアが送りこんできた暗殺者。しかも体内に爆弾が仕込んであり、スイッチは左の乳首そっくりにカモフラージュしてある。猛烈なラリーの応酬のなか、わざとミスをしてネットスレスレに高いボールを返すシャラポ奴。これはスマッシュの大チャンスと近づいてくるバカ殿。シャラ奴も猛然とネットに近づいて自爆を試みるがこの大チャンスにあろうことかシャラ奴の起爆スイッチが奈美悦子。あわてるシャラ奴の顔にバカ殿修造のスマッシュがバゴーン。大喜びのバカ殿修造「気合とガッツでウィンブルドン、気合とガッツでウィンブルドン」と短パンからキンタマがはみ出んばかりに小躍りする。暗殺は大失敗に終わり、逃げるように京都に戻ったシャラ奴。暗殺を命じた黒幕に言いました。「次こそは必ず」「ダメだ、お前はう乳首じゃー」
(ラジオ体操第8さん)


京都で清純な芸者といえば二宮清純奴。この清純奴、邪ヒポポタマスみてえなツラですが、スポーツに関しては右に出るものなし。こと野球に関しては大変な知識を持っておりました。お座敷ではどっから沸いてくるのやらという自信で野球論を語る語る。由緒あるお店のご主人だろうが幕府のお役人が相手だろうが、1度火がつくともう二宮奴を止められない。今日も今日とてお役人相手に野球談義。お役人が「今シーズンの藤川の連投にはもう涙が出たね」なんて言おうもんなら清純奴、「スポーツの感動を伝えるのに、抽象的な汗・涙なんて言葉を使った押し売りの表現は好きになれませんねえ。そんな陳腐な言葉より、プロの目で技術的な分析もきちんと加えることにより、試合のキーワード・勝因敗因などをしっかり伝えることが大切です」とかなんとか言いはじめ、お役人も聞くしかない。そんなこんなでそのお座敷も、二宮清純奴の独壇場。お役人がゲストが隣にいながらも、ジムで1杯プロテインをやりてえなあとか思っていないときの草野仁よろしく適当にあいづちを打っているのをよそに、「天才だけが持ちえる苦悩」やら「1千万分の1秒などの戦い」など、確かめようのないエピソードを断言口調で語りまくる。ところが何を思ったのか清純奴、スポーツだけでやめておけばよかったのに、政治を語りだしたからさあ大変。「現在の財政危機を迎えて、なお法改正する議論に終始するなどまさに愚の骨頂としか言いようがない。それはまさに、倒産の危機にある会社が社則を変えようと議論するようなものです」など、幕府に対する批判やら毒を吐くやら容赦が無い。これにはさすがに本職のお役人がブチ切れた。「黙って聞いてりゃいい気になりやがって。てめえだって中学時代なんかお前、野球部の連中が女の子にちやほやされてるのを尻目に放課後の教室でブルマ盗んで手淫の後に自己嫌悪みてえな生活だったんじゃねえのか。いや、断言してやるよ。してたんだろ、してたな」そう叫ぶと、清純奴の肛門に古いNumberを数冊ねじこんでからボコ殴り。廊下からそれを見ていた他の芸者が、「政治家を批判するなんて馬鹿だねえ、政治家にはお政治が1番」
(メリー三角木馬さん)


昔江戸城は大奥に5代目将軍綱吉の側室・お伝の方という女性がいた。この女、なんかコントみてえなツラで内山理名を脅すふてえ野郎。お蔦の方こと小池栄子だが、こやつ最初は巨乳のみがウリだったのに、最近ではいつのまにか格闘技に関して誰にも負けねえみたいな格闘通ヅラしている。「こっちゃ2万も払って豆粒みてえな大きさの選手しか見れねえのに、なんであいつは目の前まで見て金までもらってんだ?」という町民たちの風評などどこ吹く風とばかりに、ノゲイラノゲイラ騒ぐ獅子舞面。そんななかノゲイラもまんざらではなく、「小池栄子は日本で1番きれいだ」と言いながら、小池栄子にヘッドロックなんかされちゃってんの。まあそれはブラジルではそういう顔がいいのかも知んねえからノゲイラはいい。ノゲイラ俺好きだもん。でもこっちはノゲイラにいつケツ貸してもいいぐらいの気持ちで見てんだよ。なのによ、なのにあいつはよ。あげくの果てにさ、今度サトエリとノゲイラが対談するらしいじゃん、意味わかんねーよ。もう全然意味わかんねえという江戸の庶民の声は全く届かない中、ある日電車の中吊り公告に「小池栄子熱愛発覚、お相手はプロレスラー」の文字が。これをたまたま高崎線湘南新宿ラインに乗ってさいたまスーパーアリーナに向かっているノゲイラが見て激怒。せっかくここまでうまくやったのに小池栄子大失敗である。さてノゲイラ。怒ったその勢いでその日の対戦相手を1ラウンド一発KO。足元で痙攣しながらおしっこジョージョー漏らす対戦相手そっちのけで、マイク片手に持ち自転車をこぐジェスチャーをするノゲイラ。そこでひと言。「ケーレンジョージョー、コイツケーオー」と。
(宵越しのてんぷらさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/437-5b81a46f