FC2ブログ

第1話 野球部に燃えろ!の巻 - 深夜の馬鹿力データベース

第1話 野球部に燃えろ!の巻

(チャイムの鳴る音、そして足早に駆けてくるかおりの靴音)

かおり「ハァ、ハァ、伊集院くん、部活やめたって、本当?」
伊集院「あぁ、うん、得意のフォークボールをああも簡単に打たれちゃさ、みっともなくってやってらんなくてさ。」
かおり「バカッ!」
(パシッ、と平手打ちの音)

かおり「何よ、1回や2回負けたくらいで!」
伊集院「うん。」
かおり「どうしたの、伊集院くん?」
伊集院「ほんとのこと言うとさ、俺もう投げられないんだ。医者が言うにはさ、肩ボロボロなんだってさ。」
かおり「伊集院くん。」
伊集院「カッコ悪いから誰にも言うなよ。もし誰かに言ったら、そうだな。男勝りのかおりが、ほんとは泣き虫だってこと、みんなにバラすからな。」
かおり「んもう、伊集院くんてばこんな時に何よ。ウフフッ。」
伊集院「アハハッ、ハハハッ。泣いたカラスがもう笑った。ハッハッハッハッハッハッ、アッハッハッハッハッハッ。」
(走り出す伊集院)

かおり「待ってー!待ってよー!もう、待ってってばー!」

かおり「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァフアーッ、ねぇ伊集院くん、あれ見て。」
伊集院「うん?あぁ、綺麗な夕焼けだなぁ。」
かおり「ほんとに。」
伊集院「かおり、俺、うん、野球はもうできないけど、サッカーやろうと思ってるんだ。」
かおり「伊集院くんならきっとできるわ。わたし応援する。ファイトファイト!」
伊集院「ようし!伊集院君ドリブルで上がる!1人抜き、2人抜き、3人抜き、おっと自分でシュート、ゴール!」
かおり「ウフッ、ウフフッ、ウフフフッ、ウフフッ、ウフフフッ。」

 

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/469-3ef57be1