2009年11月30日放送分 空脳アワー - 深夜の馬鹿力データベース

2009年11月30日放送分 空脳アワー

高速道路のインターチェンジなどの、たくさんの個室が整然と並ぶ広いトイレに行くと、紙のないトイレとか、鍵のかかりにくいトイレとか、きれいなトイレ、汚いトイレがあるのはもちろん、ドアを開けたらギロチンが落ちてきたり、まるごと消されるトイレが混ざっている気がする。
外れでも鍵のかからない程度だったので今回も大丈夫と思って入るが。そういうトイレ全体が清掃中になっていると、からくりをとっかえ中とか、運悪く当たった人の痕跡を処理していると思えてぞわっとする。
(つけてください->AMI美錦さん)

小学校低学年の頃、トイレはくみ取り式で、いらなくなったものを捨てるのがはやっていた。いつものように、ソフビの人形を便器に突入させた。戦隊ものの赤を基調にしたヒーロー。
小学校高学年になり、その頃庭には祖父のつくってくれた手製のブランコがあり、遊んでいた。地面を削ってしまうことがある。すると、削れた地面から、ソフビ製の人形の頭だけが出てきた。例の奴。
あと小学校も半年という頃、小学校は5キロ以上離れていて、車で送り迎えしてもらっていた。車で帰ってくると、降りた一歩目、砂利で汚れてはいるものの、赤を基調とした戦隊もののソフビ人形の頭があった。怖くなり、急いで家に入ってマリオカートをはじめたのを覚えている。
それ以降、それは現れていない。
(何かの教祖さん)

家の鍵を開ける際に、間違って車の鍵のリモコンボタンを押してしまうと、もしかして車の鍵あいちゃったかなと心配になる。
駐車場までは100メートル以上離れているし、間には家もたくさんある。どう考えてもあくわけはないが、不安になる。
(伊集院さん、つけてくれませんよね->6個のおいしいフンさん)

アサピペンのCMの最後に流れる♪アサピペンという部分を聞くと変な気持ちになる。不協和音のような、しかし不快ではない
(げんち妄想さん)

「在校生」や「滞在」の「在」をさっと書くことができない。
存在の存じゃないほうと覚えていて、いったん紙に存在と書いてから、存じゃないほうを確認して書いている。
そのワンクッションを置かずに書こうとすると、間違えると思う。
(あめぶつけさん)

夜中に手淫をしていて、終わった瞬間、頭の中に、どこまでもどこまでも続く一本道の田舎の風景が浮かぶ。
終わった後は、その風景が頭に浮かんだまま、3分ほどぼーっとする。
(亀頭に付いたティッシュのかすが泣いているさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/487-83e8ed2d