FC2ブログ

2009年12月28日放送分 空脳アワー - 深夜の馬鹿力データベース

2009年12月28日放送分 空脳アワー

昔、学校で自分の名前の意味について親に話を聞いてくると言う宿題があり、産まれてくるまで女の子と思っていたから、本当は「ゆかり」とするつもりだったが、産まれたら男の子だったから、急遽今の名前を付けられたという。それ以来、今の名前よりも、ゆかりという名前の方がしっくりくるようになった。
今の名前でもそれほどイヤではないが、感覚的には、ゆかりが本当の名前で、いったん取り消して今の名前みたいな感じ。
友達にこの話をすると、たいてい変な話と一蹴されるが、以前この話をした友達に久しぶりにあったとき、本当の名前は忘れていたが、このエピソードの「ゆかり」の方を覚えていた。
エピソードの強烈さで、ゆかりだけ覚えていてくれたと思う。何だかうれしかった。
(三度寝ぽんたさん)

ハイキングウォーキングの鈴木さんがよく着ている、薄ピンク色の猫のイラストのシャツを見るたびに、何年も前に亡くなった祖母のことを思い出す。
あのイラストは何となく昭和っぽいというのもあるが、ああいったイラストは、記憶をたどっても皆無。ましてや、祖母がああいったキャラのシャツを着ていた記憶もない。
本当に漠然としているが、これは空脳?
(猫の島さん)

漢字の「森」「品」「轟」「林」「炎」などの、同じ漢字が複数入る漢字を書くと、ちょっとのりのりの気分になる。このような字を書いていると、ペン運びが軽やかになる感じがする。
書き終わったところでポーズをとって「俺、今決まった」的な余韻に浸ってしまったりする。
でも、「協」「桑」「禁」「淡」など、他に違うものが入っている漢字を書くと、ちょっとイラっとする。
(ちゃんさん)

古いタイプの電車が終点に着いたときに、行き先が書いてあるところがぐるぐるまわっているのを見ると、ぞわっとする。何だかとてつもない場所に持って行かれそうで。これは空脳?
(しーるさん)

パイ毛を抜くと、悲しい思い出が走馬燈のように浮かんできて、ピンセット片手に、涙をポロポロこぼす。それがやみつきになって、毎月パイ毛をぬく日が待ち遠しい。
(ヘルニア人生さん)

大学の教室にケータイが忘れられていたので、届けようと思い、何の気無しに頭の中で「先生、これ、忘れ物です」と今から言う言葉を思い浮かべたところ、忘れ物という言葉に違和感を感じ、あれ、こんな言葉あったっけ。
落とし物とはいうけど、忘れ物はないか。
(眼鏡かけてなーるさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

あんたすげーな!

2010-01-04 21:32 | from 伊集院ブラザーズ

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/500-b915c222