FC2ブログ

1999年10月4日放送分 - 深夜の馬鹿力データベース

1999年10月4日放送分

[3点]

 『シーマン』の後釜を狙うのは分かるが、ガチガチの国家公務員との会話は面白くない。

 確かに、毎日6時14分に帰宅する正確さは凄いが、すぐに無言で風呂に入るし、食事中も黙っている。

 食後も読書開始で話しかけるタイミングは無い。

 就寝中にくすぐった時の反応は3点。

 (PN:からておどりさん)

 

[3点]

 流行りのギャルゲーだが、最初に、突然主人公がヒロインによって警察に突き出されているムービーが辛過ぎ。

 続行するのをためらう。

 せっかくのモーションキャプチャー機能も、ロード中の自慰行為にふける主人公のミニゲームのみの使用。

 ヒロインの顔も×。マジで萎える。

 (本名OK・しみずゆうじさん)

 

[3点]

 様々な職業が選べることがウリのRPGだが、『豊島区民』は職業じゃない。

 他にも、『公園おじさん』『泣きボクロ』や『ヒザ蹴り姫』等、職業が意味不明。

 ストーリーも主人公が酔った勢いで殴った相手が暗黒将軍で、以降追われる身という、いくら何でもな展開。

 クリアー時のレベルは4。

 (PN:動かす力さん)

 

[3点]

 「羽生名人の思考を完全再現!」とあるのに、銀の動かし方をたびたび間違えるのはなぜ?

 段位認定戦では、羽生の持っている『空母』という駒から角や飛車が次々と出てくる。

 最初から段位をくれる気はないらしい。

 急に蒸発する『兄貴』という駒を見ていると、私事ながら昔を思い出して辛い。

 (PN:すがけんさん)

 

[3点]

 4手目で堂々と2歩を打たれ、やる気激減。

 Bボタン連打で王手を返せるのも意味不明。

 1手でミスをするとBGMの後ろで名人にボソボソボソボソなじられるのは不愉快。

 初心者モードも最初の歩を動かした途端、「参りました」とファンファーレ。

 タイトルにある『横山二級』って!?

 せめて段取れ。

 (PN:せとあやみさん)

 

[3点]

 これで1500円!?高ーい!

 パッケージのイラストには綺麗な15人の女性が描いてあるのに、いざ始めると女・荒俣宏のパレード。

 『恋愛シミュレーション』と書いてあるのに、途中で主人公の目的がオイルを掘り当てることにすり替わる。

 最後にもっと謎なのが、説明書にあるWボタンって何?

 (川崎・PN:ゆうきしょうへいさん)

 

[3点]

 BGMの中に、部下を罵る部長の声が入っている時点でもう幻滅。

 生で録ったのか?

 バグもひどい物で、スタートの城を出ていきなりラストダンジョン。

 ボスのメッセージは明らかに村人Aのセリフなはず。

 「ここはナパの村です」じゃないだろう。

 (PN:じん六さんの宴さん)

 

[3点]

 明らかに野球を知らない奴が作っている。

 大体、王選手が近鉄の8番を打っているのには閉口。

 3回が終わると登場する巨大空母は、選手を2、3人ほど殺して去って行き、その後は二度と現れない。

 松坂大輔がなぜベギラマを使えるのかな?

 主題歌のB’zは無駄。

 (PN:じん六さんの宴さん)

 

[3点]

 TKプロデュースのRPGだと期待したが、勇者が木根という時点で「はァ?」と思い、しかもやる事といったら店でグラサンを選ぶだけで、実際戦うのは魔法使いのマーク・パンサーに任せきり。

 しかも敵は『腐った篠原』『腐った華原』ばかりでイヤ。

 (PN:バカライフさん)

 

[3点]

 トランプマンの38年の生涯を忠実に再現したRPG。

 高校時代のねぎま鍋事件から、マギー一門追放まで明かしてはいけない事実が目白押しで、彼にプライバシーは無いのかと激しい怒りを覚える。

 エンディングムービーの大手術は圧巻だが、手遅れだったとは。

 (本名OK・やまもとかずひろさん)

 

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/507-0f2574ab