2010年10月11日放送分 空脳アワー - 深夜の馬鹿力データベース

2010年10月11日放送分 空脳アワー

友達で楽しく遊んでいるときや仕事の時、一瞬ぼーっとしてしまうことがある。そのとき考えていた下ネタを、考えていたのか、しゃべっていたのかわからなくなる。
(つけてください->吉田蟻一郎さん)

駅のホームで電車を待っているときなど、自分が一緒にいる友人とたわいのない会話をしている横で、自分とは全く面識のない他人が、全く関係のない会話をしているのが聞こえるという場面がある。
あるとき、その言い回しが自分達の会話にも出てくることがある。無意識に耳にした他人の会話の単語が、自分達の会話の脈絡と偶然一致したときに、つい使ってしまうイメージ。これを何度か経験がある。
言葉を借りたといえばよいが、他人に言語中枢を汚染された気分になり、怖くなる。
(風が吹けば桶屋さん)

サザエさんをみると1人足りないと思う。他のファミリーアニメを見ても思わないが、サザエさんの団らんシーンを見ると、まだ1人帰ってきてないと思ってしまう。
(なべみっちさん)

小学校の時、耳を動かせるのが自慢だった。友達にどうやれば動くのかしつこく聞かれ、どう説明してよいかわからず困った記憶がある。
今では、自分でも動かし方を忘れてしまった。当たり前のように動かせていた自分が、何だか信じられない。そして今、他の部位の動かし方を忘れたらどうしようと、不安になる。
(びにーるどんさん)

今朝、いつもと違う駅から電車に乗った。いつもと違う通勤道というだけできょろきょろしてしまう。そんな中、ホームに向かう階段で、女子高生がスカートを手で押さえながらのぼっていくが、その下からスカートが丸見え。恐らくギリギリのラインを見誤ってきたのだろう。
日頃はこちらをのぞき扱いする不愉快な行為と感じていたので、見えそうで見えないはいいが、丸見えには興味のない私は、その女子高生の間抜けさに笑えたが、これを写真に撮って友達に見せてやろうと思った。エロさを感じず罪悪感はなかった。そしてケータイを取り出そうとしたときに着信があり、シャッターチャンスを逃した。
仕事相手からの電話に素に戻り、さっきまでの自分がしようと思っていたことが、理由を問わず盗撮であることに気付き、震えた。
(にいがたさん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

放送回数がないとやくにたたないデータベースです

2011-03-15 16:24 | from ぐむ

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/655-c9a60149