FC2ブログ

2005年06月13日放送分 意味無し教室 1週目 - 深夜の馬鹿力データベース

2005年06月13日放送分 意味無し教室 1週目



僕は昔から運動音痴で水泳が苦手でプールの授業になるといつも休みがちでした。
しかし父はそんな僕を快く思わなかったようで、鍛錬を理由に近所の古式泳法を教えているじじいのもとに行かされていました。じじいの鍛錬の結果、僕はクロールは出来ませんが、首に刀をはさんで泳ぐ泳ぎかたや、横向きで弱ったイカのように泳ぐ泳ぎ方を覚えました。
学校で披露すると「すげえ」と「気持ち悪い」が半々ぐらいで、人気者でも馬鹿にされもしませんでした。わりといい思い出です。
(サウラさん)

小学校2年生のとき、近所の有名な霊媒師に10年に1度の逸材と言われ、弟子になりました。
やることといえば雑巾がけや肩たたきなどの身のまわりの世話ばかり。飽きっぽい子供が納得できるはずもなく文句を言うと、稽古をつけてもらうことになりました。有名人の写真を見て前世を当てる稽古のとき、小林亜星の写真に「お坊さん」と答えると「違う、タヌキ」不正解ごとに頭をはたかれ、修行が足りないとまた雑用。
1ヶ月もしたころ、また出た亜星に「タヌキ」と答えると「サル」と前回と違うことを言ったりする始末。それからも頻繁に違うことを言うのでやめました。
このばあさん、25年たった今でも100歳を超えて生きている。
(キリンさん)

幼稚園のころ、よくおじいちゃんと一緒に健康教室に通っていました。そこでは健康器具を体験させてくれたり、健康になる錠剤の知識などを親切丁寧に教えてくれたりしました。またそれらの販売も行ってるようでした。
祖父の知人らしき老婆の「あなたは子供なのに健康を勉強してえらいねえ、200歳まで長生きしちゃうかも知れないよ」と言う言葉をうのみにし、僕と祖父は不老長寿気取りで有頂天になっていましたが、なんかその健康教室は摘発されちゃったらしく、今ではすっかり駐車場です。祖父もわりとすぐ死んだし。
(便所さん)

小5のころ、ピアノの個人塾に行きました。塾にあるグランドピアノが珍しかったことと、先生が美人だったので、塾のある日が楽しみで、通い始めて2ヶ月たったころでしょうか。少し早めに塾に行くと、先生が恋人っぽい男の人とピアノを使った裸相撲をとっていました。
いろいろあったせいで、ていうか俺が言いふらしたせいで、何の連絡もないまま塾はなくなりまして、先生は引っ越していきました。
先生から教わったことといえば「ガラガラヘビがやってくる」の出だしの引き方と変わった性癖でした。
(本名OKって使えんの?さん)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/tb.php/810-943436f1